blanc30.png

Logo_new_2.jpg

Japanfrag.jpgJapanfrag.jpgblanc.pngDeutschfrag.jpgDeutschfrag.jpg

HOME > 日本語ホームページ > 治療方法 > 産前産後ケア

産前産後のケア

after.png 妊娠中は大きく成長していく胎児を抱えながら、様々な身体のトラブルに悩まされる方が少なくありません。私も妊娠中はつわりに始まり、むくみ、腰痛、肩こり、不眠など体験しました。その都度、同僚の鍼灸治療(指圧マッサージ、鍼灸)にしてもらい、切り抜けてきました。
それ以外にも、手のしびれ、腱鞘炎、便秘、冷えなどで辛い思いをされている妊婦さんをよく聞きます。薬等に頼れない妊婦は、妊娠中から、鍼灸、指圧などで身体を整えておくと、症状が緩和されるのみならず、出産も安産になります。どうぞご相談ください。

日本語による出産準備コースのおしらせ


産後ケアとは
「出産」は、母体(特に骨盤)に大きな負担をかけます。 また、その後の育児でも体に負担をかけるため産後には、骨盤の歪み・腰痛・肩こり・頭痛・便秘・疲労、乳腺炎、母乳分泌不足、母乳分泌過多、子宮下垂など様々な症状があらわれます。お悩みの症状にあわせて産後ケアを行います。快適に育児ができるよう、定期的に産後ケアをしておきましょう。その他、産後の緩んだお腹の筋肉を引き締めるケアも行っております。

骨盤のゆがみ

妊娠中に、リラキシンというホルモンが分泌され骨盤が緩くなり歪みやすい状態になっています。また、出産したことで骨盤周辺の靭帯と筋肉に負担をかけ、さらに骨盤が歪みやすい状態になります。定期的に骨盤周辺の靭帯と筋肉をほぐすことで、歪みを整えることができます。

腰痛・肩こり・頭痛

産後の育児では、3kg前後ある赤ちゃんを腕や腰で支えるため、姿勢がアンバランスになり腰痛の原因になります。同時に肩も凝りやすくなり、肩コリから頭痛へとつながります。腕・腰・肩などの硬くなった筋肉をほぐすことで、緩和・改善できます。

手首の腱鞘炎

赤ちゃんを抱くことで、手首の腱鞘炎になる方が増えています。赤ちゃんの体重が増加するにつれて手首や腕には負担がかかるので、定期的に手首・腕のケアをお薦めします。

便秘

出産により腸の働きが悪くなったり、妊娠中の便秘が習慣化したり、母乳に水分をとられるなどの要因で便秘になりやすくなります。硬くなったお腹の筋肉をほぐし、胃腸の緊張を取り去り、腸のぜん動運動を促すことで便秘が改善できす。

だるさ・疲労

出産はかなりの体力を消耗します。その後の、疲労回復が十分になされていないとだるさや疲労を感じます。通常、疲労物質=乳酸は血液に運ばれて取り除かれますが、血液循環が悪いと疲労物質が残りやすくなります。全身の血液循環を促進して、疲労物質を取り除くことが大切です。

精神的ストレス

育児で睡眠不足になるなどの理由で、精神的ストレスを感じる方も少なくありません。
ストレスを解消するためにはリラックスをすることが大切です。
全身をほぐすことで、気の流れを整え、心身ともにリラックスすることができます。

体にやさしい治療室では、患者さんの体質や症状を詳しくお伺いしたうえで、鍼灸治療に抵抗のある方は全身の指圧マッサージ治療をさせていただきます。指圧を用い、こわばった筋肉や緊張した神経へのアプローチ、自律神経系の調節など現代医学に基づいた施術をしていきます。また、体をめぐる経絡(気や血の流れる道すじ)経穴(ツボ)へ指圧を施し、陰陽と五行のバランスを調え、正気の充実、邪気の排除を行い、臓腑(五臓六腑)・気(身体を構成する基本物質)・血(全身を栄養し、精神活動を支える物質)の活動を正常な状態に復帰させていきます。 一般的には、肩こり、腰痛、月経痛、ストレスの緩和や自律神経の調節に効果的です。また、病気にかからないような体作りに役立ちます。
 妊娠中の方には、各種痛み、つわり、こむら返り、むくみ、冷え性、精神的緊張などの緩和に効果的です。 産後の方は、妊娠・出産で広がった骨盤の矯正、母乳のトラブル、乳腺炎の緩和に効果的です。また、産前の体型や体調に戻すような治療もいたします。